FXによる投資をする前に社内ルールの確認は必要か

FXによる投資をする前に社内ルールの確認は必要か

FXによる投資をする前に社内ルールの確認は必要か

 

FXに興味をお持ちの方は、沢山いらっしゃいます。サラリーマンの方などは、その金融商品に関心を抱いている事も多いですね。実際ある金融会社の場合、口座を保有している方々の大部分はサラリーマンなのです。口座保有者の7割近くは、サラリーマンだと言われています。もちろん専業主婦や学生の方々が口座を保有している事もあるのですが、それ以上にサラリーマンが多い訳ですね。

 

そしてサラリーマンがその金融商品を行う目的の1つは、いわゆる副収入です。例えば人によっては、ちょっと現在の収入が低すぎると感じている事もあるのですね。現在は会社から毎月20万円ほど受け取っているのですが、それでは生活費が足りないと嘆いている方々も少なからずいらっしゃいます。そのような方々は、「別の方法でお金を稼ぎたい」と思っている訳ですね。それがいわゆる副収入です。

 

ところで副収入を得る事を検討している方は、しばしば社内ルールを確認しているようです。というのも中には、その副収入が社則に触れてしまうのではないかと心配している方もいらっしゃるのですね。会社によっては、いわゆる副業が禁止されている事があります。公務員などは、もちろん副業は禁止ですね。そしてFXを副業と見なして、社則を確認している方も多く見られる訳です。

 

しかし実際には、問題ありません。というのも副業というのは、いわゆるダブルワークを指すのですね。サラリーマンの方がバイト等を行うのは、いわゆる副業に該当します。その場合は、もちろん社則などを確認する必要があるでしょう。ところがFXの場合は、副業ではなく投資に該当します。投資の場合は、特に問題無いのですね。思えば公務員の方々の中には、不動産投資を行っている方も沢山いらっしゃいます。もちろん現在の自分の資産を増やすために、不動産投資を行っているのです。

 

そしてFXは投資商品の1つと見なされるので、実は公務員もその商品で売買を行っても構わないのですね。ですので社内ルールなどは、特に確認する必要はありません。