FX口座開設はどこがいい?

ハイレバの魅力!FXの海外業者はどこが安心なのか?

FXを日本国内業者で行うと、やはりレバレッジが低くて満足出来ないという方も多いかと思います。とはいえ、海外口座であれば業者から本当に入金されるのかといったレベルから不安を持ってしまいます。
実際、入金されずに泣き寝入りのような終わり方になったケースも聞いた事がありますので、その選定にはかなり慎重になった方が良いようです。
そこで、実際に私が取引してみた海外業者をご紹介します。数は少なくて2社ですが、信頼出来る業者でしたのでご興味があれば使ってみて下さい。
あ、ちなみに海外業者を使うのは日本国内でFXをある程度長く経験されてからが良いかと思います。規制外のハイレバレッジは魅力的ですが、大変なリスクである事も同じく重視すべきで、チャートの乱高下に巻き込まれないような方法を確立してからをオススメします。

 

■ XEMarkets
この会社を紹介しているサイトはよく見かけたため、試しに口座を開設してみたところ、まず完全な日本語サポートに対応している事が驚きでした。加えて日本国内の入出金にも対応しており、日本人ユーザーが多い証拠とも考えられるので、この時点でかなり安心出来ました。
さらに、英国FSAライセンスを取得している点は相当な信頼が置けます。仮に会社が破綻した場合にも顧客資産が2万ユーロまでなら保証されているのです。
最大888倍のレバレッジが掛けられる点も魅力ですが、実際に使ってみたところあらゆるシステムが使いやすく、日本人向けのUIと呼べるような構成になっていました。
入出金に関しても問題無く完了し、怪しむどころかこの会社だけで十分な程の優良業者でした。
様々なサイトでその情報は閲覧出来るかと思いますが、まずは少額で使用してみるのが一番良いかと思います。

 

■AXIORY
ここの会社も上記のXM同様、入出金などの信用は疑いようがなく、さらに大きな特徴として極狭スプレッドを売りとしている事が魅力的です。Pepperstoneよりも遥かに狭いスプレッド値を実現し、完全に頭角を現した新興ブローカーとして注目されています。
また、日本語サポートも平日10時~23時で対応しており、ほとんど問題無しと言えるでしょう。
さらに、元々大手のブローカーで日本市場に精通していたメンバーが携わっていて、日本市場に関しては間違いなくプロレベルと見ていいでしょう。
新興ブローカーですが、IFSCライセンスの取得経緯などについても確たる理由があり、その信頼性は高いと判断出来ます。

 

以上、大手と新興の2社をご紹介しました。実際にある程度の期間使ってみて問題無しと判断出来ましたので、オススメします。ハイレバレッジのやり過ぎには注意ですが、より自由度の高いトレードのために、この情報が少しでもお役に立てれば幸いです。
参考:fx口座開設ガイド.com

 

 

FXは、時間的にも金銭的にも、余裕が持てる投資方法。

 

趣味と言いますものはいろいろとござますが、やっぱり何かに打ち込めるってのは、何であろうと素晴らしい。読書、映画、クラシック音楽、ゲーム、投資、ギャンブル。まあ、ギャンブルってのは感心しませんが、投資はなかなかでございますね。投資が趣味と言えば、人生に余裕がある人っていうイメージがある。時間的にも金銭的にも、まだ余裕がある方の趣味、そんな感じでしょうか。

 

でもね、そんなイメージを根底から覆すような投資方法がございます。何を隠そう、それが今、巷を騒がしてるFXってヤツなんです。株や先物なんかは、確かに人気なんですが、あれをやり続けるにはそれなりの余裕が必要。それはやっぱり金銭的にも時間的にも、ある程度の余裕がいるんですね。でもFXは違います。

 

まず、FXは株などの取引のように時間的な制限がございません。二十四時間、世界のどこかで取引がされてる。だからいつでもそれに参加することができるんですね。考えてみますと、これは大きなメリットと言える。だって、この社会の中には本当に忙しい人たちがたくさんいるんですから。そういう人たちが気軽に参加できるこのFXは素晴らしい投資なんです。

 

以上が、このFXが時間的な余裕を作り出す投資であるというお話でございます。それから金銭的な余裕を作り出すというお話に移ります。まあ、これはFXにおける一番のメリットとする方もいらっしゃいますから、かなりの特長なんでしょう。それはいわゆる投資を始めるときに必要になる資金でございます。FXならこれがかなり安いと言える。だから誰にでも簡単に始められるんですね。

 

FXを始めるための資金、ここでは証拠金と言っております。この証拠金は、FX会社によって違いがございますが、ただ言えることは、誰でも手が出せる金額から始められるってことです。今は学生さんでも気軽にFXに取り組み、自分の学費を稼いでいる人も実際にいるんですから大したものでございます。

 

 

誰にでも簡単に始められるFX取引でも、それなりの努力は必要。

 

たとえば株や先物といった投資がございますが、これはだれでも簡単すぐに始められるってものじゃないんですね。まあ、言ってみればそれなりにお金に余裕のある人や時間に余裕がある人、そんな方々がやってるような気がいたします。それからそれらの投資はやっぱりある程度の知識ってものが必要でしょうね。

 

では投資というものは時間やお金がなくちゃできないものなのか、って疑問が出てきますね。別にこれは確実に、っていうお話じゃございませんから、はっきり言って投資は時間やお金がそれほどなくてもできるもの、と言えます。なぜなら、今ものすごい勢いでもって人気が出てるFXっていうものもあるからでございます。

 

このFXっていう取引は、まったくの初心者でも簡単にできてしまうんですね。でもってリスクも株や先物なんかに比べるとかなり軽減できる。だから非常に魅力がある取引方法なんです。

 

細かく見ていきますと、まず、FX取引は24時間いつでもできますから、忙しいサラリーマンの方でも、帰宅してからゆっくりと取引に集中することができる。これはご家庭の主婦でも同じでございます。家事や育児の合間にちょこちょこっと、パソコンで取引に参加できちゃうんですから。

 

それからFX取引というのは、証拠金というものを元に取引を行うことになります。ですからFXの正式名称は外国為替証拠金取引って言うんですね。で、この証拠金なんですが、これは少ない資金でも取引をすることができる。これが誰にでも手が出しやすい投資と言われる所以なんですね。毎月のお小遣いやヘソクリ程度のお金で取引が始められるんです。

 

ただし、ご自分が思うように利益を出して行けるようになるには、やっぱりそれなりの努力は必要なんです。政治や経済、あるいは世界情勢の勉強は欠かせないものとなります。なんだか難しいことのように思われるかもしれませんが、FX取引をやっていれば自然と身につくものなんですね、不思議と。だからまずは始めてみることが大切でしょう。

昔っから株で儲けたなんていう景気のいい話を耳にすることがございます。株で大きな利益を出す。なんかロマンですね。誰もが憧れる夢なんでしょう。この株を実際にやられている方は、いつでも新聞やニュースでもって、株価の行方を追っております。そういう姿を目にすれば、なんとなくかっこいい気もするわけでして。今の経済の最前線を行く。そんな感じでございます。

 

この株取引に憧れを抱く方は多いんですが、現実の話、なかなか手を出しにくいことも確かにある。だって、実際に株取引をしようとすれば、まず資金がいる。それもサラリーマンのお小遣い程度では話になりません。それに、株取引ってのは時間が決められておりますから、個人のタイミングってものをとるのがものすごく難しいんですね。こうした予測を重視する取引において、予測するタイミングはかなり大切でございます。たとえは、何か他のことをやってる最中に予測するなんて、まず不可能でございますからね。

 

株取引の魅力はたくさんございます。でも、その反面、リスクってものも大きいんです。事例はいくらでもありますが、一番は会社がいきなり倒産してしまうとかですね。一夜のうちに何もなくなってしまう。まるでドラマかなにかのワンシーンのようですが、現実に起こり得ることなんです。こうしたリスクが常につきまとう。

 

投資という意味では同じものでございますが、今あげた株取引のデメリットをカバーするような理想の取引があります。それがFXなんですね。FXは違います。一つ一つ見ていきますと、まず、FXの取引はお小遣い程度の資金から始められること。それに24時間、いつでもできるってこと。そして、株や先物よりもリスクを軽減できることなどがあげられます。まあ、これらがFXの人気のわけなんです。

 

ここで加えさせていただきますが、FXっていうのは、確かにローリスクローリターンの安全な投資だと言えます。でも、これにはレバレッジというものがございまして、少ない証拠金でも大きな取引ができてしまうというものなんですね。ですから勝てば大儲けはできますが、負ければけっこう大変な喪失を出してしまいます。気をつけて下さい。

続きを読む≫ 2015/07/22 15:25:22

今は何でも簡単で手軽なものがどうも流行ってるようでございます。まあ、これは当然のことと言えば至極当然なことでして。たとえば、投資というものにしましても、FXという簡単な仕組みの取引が注目を集めてる。この取引は誰にでもすぐに始められるという特長があるんですね。だから人気なんです。

 

このFX取引はいったいどうやって始めるのか、わからない方もけっして少なくないでしょう。人気の投資と言いましても、知らない人や興味のない方にはあまり知られてませんからね。FX取引を始めるには、まずインターネット接続環境とパソコンが必要ですね。最近じゃ、スマートフォンでも取引に参加できるアプリもございます。

 

以上が用意できれば、今度はFX取引を行うご自分に合った証券会社を決めて、そこで口座を開設いたします。そして、実際に取引に参加することになるわけでございます。

 

なにも初めから焦って利益を出そうとするのはどうかと思います。FXっていうのは、やっぱり楽しんでやり続けることが肝心なんじゃないでしょうか。いわゆる趣味というような感覚で。あと、FXをやってれば、なにかと世界経済の勉強になることもございますから、言い方を変えれば、趣味と実益をかねた社会勉強とも言えるんですね。

 

FX取引を続けていくうちに、不思議と為替相場の癖なんていうものも見えてくる気がいたします。これが少しでも見えてきたなら、あなたは勝ち組の仲間入りを果たしたと思ってもいいんじゃないでしょうか。ますますFX取引は楽しいものになる。こうなったら勝ちでございます。

 

FXを楽しく続けていらっしゃる方々は、皆、この取引をうまく行うことができる人なんですね。ですから大きな収益を得ることも可能になるわけです。FX取引を資産運用として行なってる方も今は本当に多い。そういう方々は、やっぱりFX取引を楽しくうやっていらっしゃる。これが最上です。

 

くどいようでございますが、FX取引で安定的に収益を上げることは確かに難しいことかもしれませんが、これが楽しいと思えるようになれば、きっと利益も付いてくると思うんです。

続きを読む≫ 2015/07/22 15:25:22

FXという投資商品を考えてみると、以前に比べれば随分と便利になったものだと思います。というのも以前の投資商品は、もっと手間がかかる一面があったからです。
例えば、株式投資ですね。ある意味FXよりもメジャーな投資商品なのですが、その歴史はかなり古いです。確か戦後まもない頃でも、その投資商品で売買をする事ができたと思います。
ただ昔の株式投資には、1つデメリットがあったのですね。実店舗などに足を運ばなければならない事も、しばしばありました。
まず証券会社で口座を作る為に、一度実店舗に足を運ぶ必要があります。そして店舗が用意している書面に必要な情報を記載して、口座を作る為の手続きを完了させる必要があったのですね。しかもその審査が完了するまでに、しばらく時間を要していた事もありました。
それと売買を行うためにも、実店舗に行かなければならない事も有ったのです。現在でも一部の証券会社では、対面取引という用語を用いています。つまり実店舗で証券マンの方と話をして、売買を行う必要があったのですね。
ところがFXは、それとは大きく異なっているだけは確実でしょう。今やその金融商品は、インターネットだけでほとんどの作業を行う事ができます。
まず口座作りです。株式投資の口座を作る為には、前述のように実店舗などに足を運ばなければならなかったのですね。ところがその外貨を用いる商品の場合は、むしろ実店舗に足を運ぶ事の方が珍しいです。実店舗というよりは、むしろweb申込みをする事になるからです。書面の提出方法なども、アップロード用のフォームで簡単に行う事ができます。
また売買のやり方なども、とても手軽になりました。前述の株式投資のように実店舗に足を運ぶ事はなく、インターネット媒体で簡単に注文をする事ができるのですね。ワンクリックもしくはワンタップで売買を行う事ができるので、昔に比べれば随分と便利になったものだと思います。
FXという金融商品は、とても利便性が良い訳ですね。

続きを読む≫ 2015/07/14 12:28:14

FXに興味をお持ちの方は、沢山いらっしゃいます。サラリーマンの方などは、その金融商品に関心を抱いている事も多いですね。
実際ある金融会社の場合、口座を保有している方々の大部分はサラリーマンなのです。口座保有者の7割近くは、サラリーマンだと言われています。もちろん専業主婦や学生の方々が口座を保有している事もあるのですが、それ以上にサラリーマンが多い訳ですね。
そしてサラリーマンがその金融商品を行う目的の1つは、いわゆる副収入です。例えば人によっては、ちょっと現在の収入が低すぎると感じている事もあるのですね。現在は会社から毎月20万円ほど受け取っているのですが、それでは生活費が足りないと嘆いている方々も少なからずいらっしゃいます。
そのような方々は、「別の方法でお金を稼ぎたい」と思っている訳ですね。それがいわゆる副収入です。
ところで副収入を得る事を検討している方は、しばしば社内ルールを確認しているようです。というのも中には、その副収入が社則に触れてしまうのではないかと心配している方もいらっしゃるのですね。
会社によっては、いわゆる副業が禁止されている事があります。公務員などは、もちろん副業は禁止ですね。そしてFXを副業と見なして、社則を確認している方も多く見られる訳です。
しかし実際には、問題ありません。というのも副業というのは、いわゆるダブルワークを指すのですね。サラリーマンの方がバイト等を行うのは、いわゆる副業に該当します。その場合は、もちろん社則などを確認する必要があるでしょう。
ところがFXの場合は、副業ではなく投資に該当します。投資の場合は、特に問題無いのですね。思えば公務員の方々の中には、不動産投資を行っている方も沢山いらっしゃいます。もちろん現在の自分の資産を増やすために、不動産投資を行っているのです。
そしてFXは投資商品の1つと見なされるので、実は公務員もその商品で売買を行っても構わないのですね。ですので社内ルールなどは、特に確認する必要はありません。

続きを読む≫ 2015/07/14 12:28:14

FXでは、色々な方々による憶測を聞く事があります。または、現在の相場の状況に関する様々な意見などを耳にする機会も多いのですね。
そもそもその金融商品は、WEB媒体を用いることになります。ですので人々は、インターネットでその商品の売買に関する色々な意見を聞く事になるのですね。
例えば、買うべきという意見です。「現在は円が安くなりそうな雰囲気なので、今後はFXで買いの注文をするのが良い」という意見が蔓延するケースがしばしばあります。
それも大多数の方々が、そのように意見を発することがあるのですね。1人や2人だけでなく、非常に多くの方々がそのような情報を流します。つまりマーケットが、買いムードになる訳ですね。
そのような時は、人々は買いに走りがちです。多くのアナリストの方が買うべきだと話している訳ですから、かった方が良いのでは無いかと思うケースもしばしばあります。
ところがそのような時に限って、外貨は別の方向に動く事も多いのですね。なぜならば、相場に過熱感があるからです。
多くの方々が買おうと言っている時には、それだけ相場は買いムードに包まれます。そしてだいぶ過熱しているので、いわゆるブームのようなものも感じる訳ですね。
しかしある時に、それが冷める事があるのです。思えばブームというものは、それほど長く続くものではないでしょう。どこかでブームが過ぎ去ってしまうケースも、決して珍しくありません。過熱状態になっている相場は、逆に冷めやすい一面もあるのですね。ですので多くの方々が口を揃えて「買うべき」と発言している時は、ちょっと売りの注文を仕掛けてみるのも一法です。
もちろん買いのムードに包まれているだけでなく、その逆もあるでしょう。多くの方が売るべきと発言をしている事もある訳ですが、その際には買いで仕掛けてみるのも一法なのです。
ですのでFXで売買を行うのであれば、ちょっと市場のムードに着目してみると良いでしょう。あえて「大勢の方々と逆の行動をしてみる」のも、この金融商品では大切だと考えます。

続きを読む≫ 2015/07/14 12:28:14